断食1日目


こんばんは、スタッフkwiです。
今日から、伊豆の「やすらぎの里」という食事療法の施設で、一週間の断食プログラムに参加しています。
断食、と言うと修行のようなものを想像されるかも知れませんが、ここでの断食はちょっと違います。
一週間の滞在なら3日断食して3日かけて徐々に食事の量を元に戻して行く(回復食→普通食)。
その間、別に瞑想やら座禅やらが有る訳では無く、朝の体操・毎日の治療(マッサージなど)、そして1日2回の食事の時間以外は基本的に自由時間。
皆さんでお散歩など軽い運動をしたりするそうです。
そして滞在中は9:00〜22:00までは毎日温泉入り放題、という贅沢な環境なのです。
ちなみに断食中も全く何も口にしない訳じゃありません。
お吸物や酵素ジュースといったお食事をいただきます。
施設のサイトを見ていただいた方が詳しいし正しいと思いますので見てみて下さい。
■やすらぎの里 http://www.y-sato.com/index.html
断食は、チェックイン初日の朝からスタートです。
当日は朝からお水かお茶しか飲んじゃいけません。
朝御飯を食べない事も結構有るので大丈夫だろう、と思っていたのですが、やすらぎの里への道中、何故か食べ物屋さんばかりが目につく‥‥こんなに食べ物屋さんがいっぱい有るのに今の私には全く必要無いものなんだなー、となんだか不思議な感覚。
チェックイン後は問診票に自分の体調や悩みなどを書き込み、順番にやすらぎの里代表の大沢先生に面談していただきます。
その時に、自律神経検査というものをするのですが、その検査によって、ワタクシ、身体のあちこちが全体的に弱っている事が判明。
3日間の断食はきついかも知れない、と言う事で2日間断食・4日間回復食、というスケジュールに調整していただく事になりました。
今夜の夕食はお吸物でした。何の具も入っていない、汁だけのお吸物です。
※携帯を持って行くのを忘れて画像が無くてごめんなさい。
普段だったらごく薄味に感じたかも知れない上品な味付けでしたが、朝からお茶と水しかのんでいない身体には充分過ぎる程の旨味。いや、本当に美味しかったです。
その後、大沢先生より入所説明会が有りました。
が、その話はまた明日‥‥。
断食症状が出始めたのか頭が痛いのが治まらないので(それに消灯時間をとっくに過ぎているので)今日のご報告はこの辺で‥‥。
kwi

コメント・トラックバック

  • よしだだ より:

    おー、順調なようですね。
    俺はお通じが快調すぎて困ってます。

    「お通じが悪い時は断食だ!」

    と、うちの父ちゃんが言ってましたが、ホントでしょうか?w

  • kwi より:

    断食でお通じが良くなる訳じゃーないと思いますよー。
    だって…下剤飲んだもの。笑
    でも、断食は色々身体に(も心にも)良いので是非先生にも体験して貰いたいです!
    男性だと1回の断食で3kgくらいは減っちゃうらしいですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL:https://blog.aitec-inc.co.jp/2008/06/499/trackback

★ウェブサイト構築 ★ブログ開設 ★プログラム作成 デジタルならお任せください。株式会社 アイテック

Page Top