梨の摘果

F1000078.jpg
4月に受粉作業を行った梨の木にぽこぽこと実がついてきました。
いっぱいある実から、涙をのんで一カ所につき、一個に残して、他はつみ取ってしまう「摘果」という作業をしてきました。これをしないと枝に残っている実に栄養が分散して大きくならないのです。
でも、毎年「もし、この残した実がダメになったらどうしよう・・・」とか「こんなに実を落としたら収穫量がへってしまうのでは・・・」といった貧乏性が出てついつい多めに残してしまうのです。
(プロの目から見たら、まだまだ摘果があまく、もっとつみ取りましょう。とダメだしがあります。。。)
あと、もう一回、摘果をしたら、後は収穫です。楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL:https://blog.aitec-inc.co.jp/2008/05/496/trackback

★ウェブサイト構築 ★ブログ開設 ★プログラム作成 デジタルならお任せください。株式会社 アイテック

Page Top